藤建組の目指すもの

‐真の建築人でありつづけること‐

 藤建組の役割は、顧客のニーズに応えた快適な住生活空間や、機能的な社会活動空間の提供にあります。
同時にそれらの空間には高いデザイン性が求められ、ひとつの建築を完成させるまでには、「膝を交えた」話し合いを重ねる事が必要不可欠です。
専門的な知識・技術と施工主の(おもい)を総合的な視点から理想的な建築空間を創造することを目指しております。特に、毎日の生活に直結する住宅においては「便利さの追求」だけをするのではなく「季節を感じ」「心のやすまり」を創造できる感性が大切です。
日本は昔から良いものを取り入れ、そして自分たちの文化に吸収してきました。日本における建築文化も例外ではありません。
しかし、洋風建築の中に『和』を調和させることも、日本の真の建築人だからこそ出来る珠玉の技術です。
私たちは、最良の建築空間をご提案いたしていきます。

代表取締役 中山 勇